国試黒本

【国試黒本】利用者の声をご紹介!みんなは国試黒本をどうやって使っている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「柔道整復師」「はり師」「きゅう師」「あん摩マッサージ指圧師」を目指す学生から圧倒的な支持を集めている国試黒本。

気になる使い勝手や、国試黒本を使った学習方法など、実際に国試黒本を使っている方に感想を聞いてみました。

①ただ羅列するのではなく、覚えやすいように表にまとまっているのでとても頭に入りやすいです。(女性)

1.国試黒本の外観(サイズや携帯性など)について

表紙のデザインがオシャレで電車の中などで開いても恥ずかしくなく、逆に見せたいくらいです。カバーを外してもこだわりが感じられます。紙のシワの感じがかっこよく肌触りもよくて、とても素敵です。日本の心を感じます!

上・下2冊でもかさばらないのでどこでも持っていけるので便利です。文庫本サイズで国家試験すべての範囲を網羅している本は他にはないと思います。

2.国試黒本の内容で良かった点や役立つ点について

大事なポイントをただ羅列するのではなく、覚えやすいように表にまとまっているのでとても頭に入りやすいです。また、表を参考にしながら自分でも新たに表を作成してみたりして、色んな意味で参考になりました。見ているだけより、自分の手で作成することでより定着するのではないかと思います。

文字の大きさや間隔もちょうどよく、見やすくまとまっていると思います。

個人的に「国試ワンポイントアドバイス」を読むのが好きです。どのように学習を進めていくか、というみんなが知りたいことを教えてくれるので、一人でも不安にならず勉強できます。

私は一人で孤独に勉強したい派なので、そんな人でも挫けず学習を進めていける気がします。

3.国試黒本を使った自分の学習法について

学校の対策授業で解いた問題のうち、自分が間違えた問題の内容に相当する部分を黒本にマークしています。黒本に載っていない内容は、メモの部分に補足で書いておきます。
自分で補足してマークやメモするときには、ペンの色を変えることで分かりやすくしています。

赤シートで隠して解くときは、間違ったところにチェックをして、できるようになるまで繰り返して解きます。

また、国試対策だけでなく、学校の定期試験対策としても活用しています。授業が終わったらできればすぐ(休み時間や昼休み)、その日習った範囲を黒本を読んで復習し、頭に入れます。私は記憶力が悪いのでテスト前に一気に詰め込むことができず、この方法で乗り切っています。

4.国試黒本のおすすめポイント

黒本のコンパクトさを生かして勉強するのがいいと思います。

15分空き時間があればどこでも開いて勉強するくらいの気合でいるといいのかなと思います。電車の中で、友達との待ち合わせ場所で、トイレの中で、ごはんを注文して待っている時間、どこでも勉強できるのが黒本の良さだと思います。

キレイに使わず、たくさん書き込みをして汚くして自分だけのオリジナルの黒本にしていくのもひとつの楽しみ方かなと思います。

卒業するときに、自分はこんなに頑張ったんだ、と思えるほどボロボロに使い込めたら素敵だなと感じます。私はまだキレイなのでもっと使い込みます。

②要点をおさえてわかりやすく、簡潔にまとめられています。(男性)

1.国試黒本の外観(サイズや携帯性など)について

年々、各科目の内容が濃くなり厚くなっていく中、本のサイズは上巻、下巻合わせても厚さたったの2,5㎝に集約されている点が素晴らしいです。

その影響で持ち運びにも大変便利で、通勤時や外出する時、常にバッグに入れていても全く気になりません。

2.国試黒本の内容で良かった点や役立つ点について

気になる内容ですがなんといっても要点をおさえてわかりやすく、簡潔にまとめられている事。又、教科書とリンクしており、予習、復習、定期試験や国家試験対策に大きな助けになる事間違いないです。

特に経絡経穴概論は経穴名、部位、流中をここまで見やすくしたものはないなと思ってしまう程でした。

赤シートやチェック欄、Memo等、手にとった方々が学習しやすい細かな工夫がされており、勉強法のバリエーションが豊富で自分の好きなように勉強できます。

3.国試黒本を使った自分の学習法について

私の場合は国試黒本と教科書を照らし合わせて、黒本に書かれている内容、赤文字は教科書にマーカーを引いています。

そうすることで授業中でも、どこが重要なのかキーワードは何か、一目で解るようになりました。

他にも何科目も勉強したい時など国試黒本は要点をおさえてあるのでちょっとした時間でも確認として使用できますし、友達同士で問題を出しあったりする時にも使いやすいです。

4.国試黒本のおすすめポイント

サイズ、携帯性、内容、全てが使いやすさに繋がります。

側に置いておく事で気になった時、いつでもどこでも勉強が始められます。

ついつい、勉強する科目が偏ってしまいがちな所もありますが国試黒本は全ての科目が集約されていますからその心配もありません。

これまで様々な参考書を購入してみましたが国試黒本が私にとって一番使いやすく重宝しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国試黒本の購入はこちら

国試黒本は「一人でも多くの学生の方に合格してほしい」という考えのもと、医療系国家資格の合格に必要な基礎知識を効率よく学習するための参考書として、2017年1月現在、鍼・灸・按摩マッサージ指圧師編と柔道整復師編が発売されています。 国試黒本の製作チームも全員は元学生です。「こんな参考書があったらいいな」と学生が考える内容を書籍になっています。

国試黒本を購入