第25回 あん摩マッサージ指圧師国家試験問題

【 利用上の注意 】
・掲載している国家試験問題および解答には誤りがある可能性があります。
確実な内容が必要な方は、市販の過去問題集等をご参照ください。
・画像問題の画像は現在準備中です。何卒ご了承くださいませ。

問題1.我が国の公的医療保険制度について正しいのはどれか。
1.国民皆保険制度は昭和時代に始まった。
2.医療給付は現金給付方式が原則である。
3.75歳以上の高齢者は3割負担である。
4.近年の国民医療費は減少傾向にある。

正解を見る
1.国民皆保険制度は昭和時代に始まった。
問題2.施術者と患者の関係で望ましくないのはどれか。
1.信頼
2.共感
3.従属
4.協力
正解を見る
3.従属
問題3.介護保険制度について正しいのはどれか。
1.ケアプランは利用者が自分で作ることができる。
2.住宅改修には利用できない。
3.主治医意見書には要介護度を記入する。
4.第2号被保険者は65歳以上である。
正解を見る
1.ケアプランは利用者が自分で作ることができる。
問題4.一次予防はどれか。
1.脳卒中予防のための減塩指導
2.ガン検診の受診
3.難病患者の生活支援
4.うつ病患者の社会復帰
正解を見る
1.脳卒中予防のための減塩指導
問題5.我が国の平成26年度の食中毒について正しいのはどれか。
1.動物性自然毒による発生例はない。
2.ブドウ球菌による患者が最も多い。
3.冬よりも夏に多く発生する。
4.飲食店での発生件数が最も多い。
正解を見る
4.飲食店での発生件数が最も多い。
問題6.循環式浴槽水が原因となりやすい疾患はどれか。
1.インフルエンザ
2.レジオネラ肺炎
3.アトピー性皮膚炎
4.クリプトスポリジウム症
正解を見る
2.レジオネラ肺炎
問題7.虐待が疑われる児童をみた場合、通告先はどれか。
1.保健所
2.児童相談所
3.教育委員会
4.地域包括支援センター
正解を見る
2.児童相談所
問題8.過剰摂取で痛風になりやすいのはどれか。
1.海草類
2.乳製品
3.生野菜
4.醸造酒
正解を見る
4.醸造酒
問題9.2012年から2013年の統計で結核の罹患率が最も高い国はどれか。
1.日本
2.ドイツ
3.イギリス
4.アメリカ合衆国
正解を見る
1.日本
問題10.コホート研究について正しいのはどれか。
1.がんは対象にならない。
2.集団を対象にはできない。
3.相対危険度を求められる。
4.症例対照研究のことである。
正解を見る
3.相対危険度を求められる。
問題11.芽胞に効果のある消毒薬はどれか。
1.次亜塩素酸ナトリウム
2.消毒用アルコール
3.ポビドンヨード
4.ホルムアルデヒド
正解を見る
1又は3又は4
問題12.あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律で、免許の消極的要件はどれか。
1.日本国籍
2.あん摩マッサージ指圧師国家試験の合格
3.大麻の中毒者
4.認定された学校または養成施設の卒業
正解を見る
3.大麻の中毒者
問題13.あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律で、施術者が氏名を変更したときにしなければならないのはどれか。
1.免許証の再交付申請
2.名簿登録事項の訂正申請
3.免許証の書換え交付申請
4.免許証の返納
正解を見る
2.名簿登録事項の訂正申請
問題14.あん摩マッサージ指圧師が患部に施術をする場合、医師の同意が必要なのはどれか。
1.捻挫
2.肉ばなれ
3.打撲
4.脱臼
正解を見る
4.脱臼
問題15.あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律で、50万円以下の罰金に該当するのはどれか。
1.不正の事実に基づいてあん摩マッサージ指圧師免許を受けた者
2.あん摩マッサージ指圧師国家試験において不正行為をした者
3.施術所について虚偽の届け出をした者
4.医師の同意を得ないで骨折患部へ施術をした者
正解を見る
1.不正の事実に基づいてあん摩マッサージ指圧師免許を受けた者
問題16.体の区分について正しいのはどれか。
1.頚部の前面を項部という。
2.骨盤部の後面を腰部という。
3.頭部と頚部の境界線はオトガイを通る。
4.頚部と胸部の境界線は烏口突起を通る。
正解を見る
3.頭部と頚部の境界線はオトガイを通る。
問題17.椎骨間の連結に関与する靭帯について正しいのはどれか。
1.黄色靭帯は横突起間を結ぶ。
2.棘間靭帯は棘突起間を結ぶ。
3.後縦靭帯は棘突起の先端を縦に結ぶ。
4.前縦靭帯は椎体と椎間円板の後ろを縦に結ぶ。
正解を見る
2.棘間靭帯は棘突起間を結ぶ。
問題18.腱膜をもつのはどれか。
1.広背筋
2.大円筋
3.前鋸筋
4.大菱形筋
正解を見る
1.広背筋
問題19.門脈ー体循環吻合に関与するのはどれか。
1.肝静脈
2.腎静脈
3.臍傍静脈
4.上行腰静脈
正解を見る
3.臍傍静脈
問題20.左主気管支について正しいのはどれか。
1.3つに分岐する。
2.前壁は膜性壁である。
3.右主気管支より短い。
4.右主気管支より細い。
正解を見る
4.右主気管支より細い。
問題21.食道について正しいのはどれか。
1.気管の前を通る。
2.第4頸椎の高さで始まる。
3.大動脈の前で横隔膜を貫く。
4.左心房の高さに生理的狭窄がみられる。
正解を見る
3.大動脈の前で横隔膜を貫く。
問題22.子宮について正しいのはどれか。
1.子宮底部は膣につながる。
2.子宮広間膜に包まれる。
3.子宮動脈は外腸骨動脈の枝である。
4.子宮円索によって骨盤壁に固定される。
正解を見る
2.子宮広間膜に包まれる。
問題23.副腎について正しいのはどれか。
1.後面は腹膜で覆われる。
2.内胚葉性の器官である。
3.上腸間膜動脈の枝が分枝する。
4.網状帯が髄質を取り囲んでいる。
正解を見る
4.網状帯が髄質を取り囲んでいる。
問題24.交連線維はどれか。
1.脳梁
2.脳弓
3.内包
4.視放線
正解を見る
1.脳梁
問題25.腰神経叢の枝はどれか。
1.陰部神経
2.閉鎖神経
3.上殿神経
4.後大腿皮神経
正解を見る
2.閉鎖神経
問題26.内耳について正しいのはどれか。
1.鼓室にある。
2.前庭窓にキヌタ骨がはまる。
3.半規管に蝸牛神経がつながる。
4.膜迷路の内部は内リンパで満たされる。
正解を見る
4.膜迷路の内部は内リンパで満たされる。
問題27.血液凝固因子はどれか。
1.ヘパリン
2.ビタミンB12
3.ウロキナーゼ
4.カルシウムイオン
正解を見る
4.カルシウムイオン
問題28.固有心筋について誤っているのはどれか。
1.ギャップ結合がある。
2.不随意筋である。
3.横紋筋である。
4.強縮する筋である。
正解を見る
4.強縮する筋である。
問題29.動脈血中の濃度が上昇すると呼吸運動を促進するのはどれか。
1.ヘモグロビン
2.酸素
3.水素イオン
4.重炭酸イオン
正解を見る
3.水素イオン
問題30.消化酵素とそれが作用する栄養素の組合せで正しいのはどれか。
1.アミラーゼ   ───  ラクトース
2.リパーゼ    ───  デンプン
3.トリプシン   ───  蛋白質
4.ヌクレアーゼ  ───  脂肪
正解を見る
3.トリプシン   ───  蛋白質
問題31.小腸で主に能動的に吸収されるのはどれか。
1.水
2.脂肪酸
3.塩化物イオン
4.グルコース
正解を見る
4.グルコース
問題32.体温について正しいのはどれか。
1.口腔温は直腸温より高い。
2.夜間は日中より高い。
3.月経後に高い。
4.食後に高い。
正解を見る
4.食後に高い。
問題33.腎臓で再吸収されないのはどれか。
1.尿素
2.アミノ酸
3.水素イオン
4.ナトリウムイオン
正解を見る
3.水素イオン
問題34.視床下部によって調節されるのはどれか。
1.感覚機能
2.飲水行動
3.嘔吐反射
4.姿勢保持
正解を見る
2.飲水行動
問題35.姿勢維持に関与する筋の特徴として誤っているのはどれか。
1.収縮速度が遅い。
2.白筋である。
3.疲れにくい。
4.ミオグロビン量が多い。
正解を見る
2.白筋である。
問題36.触圧覚が最も敏感なのはどれか。
1.口唇
2.前腕
3.背部
4.下腿
正解を見る
1.口唇
問題37.早朝に最も分泌が高くなるのはどれか。
1.メラトニン
2.成長ホルモン
3.インスリン
4.コルチゾール
正解を見る
4.コルチゾール
問題38.病理組織診断で確定されるのはどれか。
1.尿中の結晶の種類
2.僧房弁逆流の有無
3.感染症の起炎菌の種類
4.癌のリンパ節転移の有無
正解を見る
4.癌のリンパ節転移の有無
問題39.男性に発症しやすいのはどれか。
1.血友病
2.大腸腺腫症
3.エドワーズ症候群
4.マルファン症候群
正解を見る
1.血友病
問題40.再生能力が最も高いのはどれか。
1.神経
2.表皮
3.心筋
4.軟骨
正解を見る
2.表皮
問題41.右心不全で肝臓に最も生じやすいのはどれか。
1.うっ血
2.出血
3.梗塞
4.塞栓
正解を見る
1.うっ血
問題42.炎症で最も遅い時期にみられるのはどれか。
1.好中球の遊走
2.細動脈の収縮
3.肉芽組織の形成
4.血漿成分の惨出
正解を見る
3.肉芽組織の形成
問題43.予防ワクチンがある癌はどれか。
1.乳癌
2.大腸癌
3.子宮頚癌
4.甲状腺癌
正解を見る
3.子宮頚癌
問題44.扁平上皮癌が最も発生しやすいのはどれか。
1.肺
2.胃
3.肝臓
4.膀胱
正解を見る
1.肺
問題45.体表から最も触知しやすい神経はどれか。
1.筋皮神経
2.橈骨神経
3.正中神経
4.尺骨神経
正解を見る
4.尺骨神経
問題46.臓器と触診部位の組合せで正しいのはどれか。
1.肝臓 ─── 右季肋部
2.腎臓 ─── 心窩部
3.虫垂 ───  左下腹部
4.膵臓 ─── 右側腹部
正解を見る
1.肝臓 ─── 右季肋部
問題47.被曝を伴う検査はどれか。
1.脳MRI検査
2.胸部CT検査
3.腹部超音波検査
4.上部消化管内視鏡検査
正解を見る
2.胸部CT検査
問題48.呼吸音が減弱するのはどれか。
1.早期肺癌
2.気管支炎
3.緊張性気胸
4.気管支喘息
正解を見る
3.緊張性気胸
問題49.障害により涙液・唾液分泌の異常をきたすのはどれか。
1.三叉神経
2.顔面神経
3.舌咽神経
4.舌下神経
正解を見る
2.顔面神経
問題50.心臓性浮腫の初期の特徴として適切なのはどれか。
1.顔面、特に上眼瞼に出現する。
2.全身性に高度の浮腫をきたす。
3.発赤、熱感、疼痛を伴う。
4.下肢に出現する傾向にある。
正解を見る
4.下肢に出現する傾向にある。
問題51.自律神経反射はどれか。
1.足底反射
2.下顎反射
3.頚動脈洞反射
4.アキレス腱反射
正解を見る
3.頚動脈洞反射
問題52.頚椎疾患の徒手検査法はどれか。
1.ジャクソンテスト
2.モーレイテスト
3.ヤーガソンテスト
4.トーマステスト
正解を見る
1.ジャクソンテスト
問題53.体重増加をきたす疾患はどれか。
1.甲状腺機能亢進症
2.パーキンソン症候群
3.クッシング症候群
4.アジソン病
正解を見る
3.クッシング症候群
問題54.体温が持続的に高く、日内変動が1℃以上の熱型はどれか。
1.稽留熱
2.弛張熱
3.間欠熱
4.周期熱
正解を見る
2.弛張熱
問題55.頚椎症性神経根症について正しいのはどれか。
1.痙性麻痺を認める。
2.膀胱直腸障害を認める。
3.上肢腱反射の減弱を認める。
4.病的反射を認める。
正解を見る
3.上肢腱反射の減弱を認める。
問題56.ウイルス感染性疾患はどれか。
1.梅毒
2.破傷風
3.小児麻痺
4.脊椎カリエス
正解を見る
3.小児麻痺
問題57.手の腱鞘炎について正しいのはどれか。
1.1回の外力により起こる。
2.ドケルバン病は手関節撓側に起こる。
3.槌指の原因である。
4.局所の発赤を認める。
正解を見る
2.ドケルバン病は手関節撓側に起こる。
問題58.女性に多い疾患はどれか。
1.ペルテス病
2.先天性内反足
3.特発性側湾症
4.キーンベック病
正解を見る
3.特発性側湾症
問題59.疾患と治療装具の組合せで正しいのはどれか。
1.斜頸         ─── 右ボストンブレース
2.特発性側弯症     ─── 右フォンローゼン装具
3.発育性股関節形成不全 ─── 右リーメンビューゲル装具
4.先天性内反足     ─── 右ミルウォーキーブレース
正解を見る
3.発育性股関節形成不全 ─── 右リーメンビューゲル装具
問題60.硬膜外麻酔について正しいのはどれか。
1.分節麻酔を行える。
2.頚部には用いない。
3.効果発現は脊髄麻酔よりも早い。
4.局所麻酔薬をくも膜下腔に注入する。
正解を見る
1.分節麻酔を行える。
問題61.肺癌の隣接臓器への浸潤により起こるのはどれか。
1.ダンピング症候群
2.ネフローゼ症候群
3.クッシング症候群
4.パンコースト症候群
正解を見る
4.パンコースト症候群
問題62.気胸について正しいのはどれか。
1.突然嗄声が出現する。
2.肥満は危険因子である。
3.女性に多い。
4.胸部エックス線検査で診断する。
正解を見る
4.胸部エックス線検査で診断する。
問題63.脳出血で四肢麻痺を認める出血部位はどれか。
1.橋
2.視床
3.被殻
4.小脳
正解を見る
1.橋
問題64.潰瘍性大腸炎の所見として適切でないのはどれか。
1.血性下痢
2.痔瘻
3.腹痛
4.発熱
正解を見る
2.痔瘻
問題65.低色素性貧血はどれか。
1.鉄欠乏性貧血
2.巨赤芽球性貧血
3.溶血性貧血
4.再生不良性貧血
正解を見る
1.鉄欠乏性貧血
問題66.COPDについて正しいのはどれか。
1.我が国では原因の約50%が喫煙とされている。
2.労作時の息切れが特徴である。
3.肺が縮小する疾患である。
4.運動療法は無効である。
正解を見る
2.労作時の息切れが特徴である。
問題67.ビタミン欠乏と疾患の組合せで正しいのはどれか。
1.ビタミンA    ───  壊血病
2.ビタミンB12  ─── 脚気
3.ビタミンC    ─── 夜盲症
4.ビタミンD   ─── 骨軟化症
正解を見る
4.ビタミンD   ─── 骨軟化症
問題68.高血圧症について正しいのはどれか。
1.多くは頭痛を主訴とする。
2.原因の90%以上は遺伝的要因である。
3.食事療法ではカリウム摂取を制限する。
4.罹患率は年齢とともに増加する。
正解を見る
4.罹患率は年齢とともに増加する。
問題69.高尿酸血症について正しいのはどれか。
1.成人女性に多い。
2.合併症に尿管結石がある。
3.関節炎は手関節に好発する。
4.カルシウムの代謝と関係する。
正解を見る
2.合併症に尿管結石がある。
問題70.「肩こり体操で両肩をすくめて5秒間保持し、脱落させる。続いて両肩甲骨を脊柱に引き寄せる運動を行わせた。」両肩をすくめて5秒間保持させる主動作筋はどれか。
1.斜角筋
2.僧帽筋
3.棘上筋
4.三角筋
正解を見る
2.僧帽筋
問題71.「肩こり体操で両肩をすくめて5秒間保持し、脱落させる。続いて両肩甲骨を脊柱に引き寄せる運動を行わせた。」両肩甲骨を脊柱に引き寄せる運動の主動作筋を支配する神経はどれか。
1.肩甲上神経
2.肩甲下神経
3.肩甲背神経
4.腋窩神経
正解を見る
3.肩甲背神経
問題72.「45歳の男性。飲酒歴は長い。飲酒後に腹痛が出現し、痛みは心窩部および背部に認めた。血液検査ではアミラーゼおよびリパーゼが高値であった。」本症例で最も疑われるのはどれか。
1.胃潰瘍
2.胆嚢炎
3.慢性膵炎
4.潰瘍性大腸炎
正解を見る
3.慢性膵炎
問題73.「45歳の男性。飲酒歴は長い。飲酒後に腹痛が出現し、痛みは心窩部および背部に認めた。血液検査ではアミラーゼおよびリパーゼが高値であった。」本疾患でみられる便はどれか。
1.新鮮血便
2.脂肪便
3.粘血便
4.タール便
正解を見る
2.脂肪便
問題74.「75歳の男性。病院を受診し、脳梗塞による軽い片麻痺と診断された。」麻痺側にみられる所見はどれか。
1.バレー徴候
2.ロンベルグ徴候
3.ラセーグ徴候
4.ケンプ徴候
正解を見る
1.バレー徴候
問題75.「75歳の男性。病院を受診し、脳梗塞による軽い片麻痺と診断された。」麻痺側で亢進する反射はどれか。
1.角膜反射
2.挙睾筋反射
3.腹壁反射
4.アキレス腱反射
正解を見る
4.アキレス腱反射
問題76.甲状腺機能亢進症の症状でないのはどれか。
1.徐脈
2.発汗過多
3.体重減少
4.眼球突出
正解を見る
1.徐脈
問題77.膠原病と所見の組合せで誤っているのはどれか。
1.ベーチェット病   ─── 口腔粘膜のアフタ性潰瘍
2.多発性筋炎     ─── 遠位筋の筋力低下
3.全身性硬化症    ─── 手指のレイノー現象
4.シェーグレン症候群 ─── ドライアイ
正解を見る
2.多発性筋炎     ─── 遠位筋の筋力低下
問題78.急性膀胱炎について正しいのはどれか。
1.原因菌は大腸菌が多い。
2.男性に多い。
3.高熱をきたすことが多い。
4.水分はあまり摂らない方がよい。
正解を見る
1.原因菌は大腸菌が多い。
問題79.ICFの「活動」に該当する内容はどれか。
1.腎機能
2.調理
3.筋力
4.医療制度
正解を見る
2.調理
問題80.維持期リハビリテーションで主に取り組むべきことはどれか。
1.麻痺の回復の促進
2.ADLの早期獲得
3.社会参加の促進
4.早期離床
正解を見る
3.社会参加の促進
問題81.高次脳機能障害の評価で正しいのはどれか。
1.バーセルインデックス
2.線分抹消テスト
3.徒手筋力テスト
4.拮抗運動反復テスト
正解を見る
2.線分抹消テスト
問題82.摂食嚥下障害に対する対応として誤っているのはどれか。
1.口腔ケア
2.食形態の調整
3.栄養管理
4.頚椎伸展位での食事
正解を見る
4.頚椎伸展位での食事
問題83.錐体路の障害で生じるのはどれか。
1.アテトーゼ
2.痙性麻痺
3.運動失調
4.筋の固縮
正解を見る
2.痙性麻痺
問題84.脳卒中の嚥下障害で正しいのはどれか。
1.食道の通過障害を生じる。
2.仮性球麻痺よりも球麻痺が多い。
3.時間経過で回復しにくい。
4.ゼリーは飲み込みやすい。
正解を見る
4.ゼリーは飲み込みやすい。
問題85.脊髄損傷の合併症はどれか。
1.異所性骨化
2.心筋梗塞
3.気胸
4.認知症
正解を見る
1.異所性骨化
問題86.カナダ式ソケットの適応となるのはどれか。
1.股離断
2.大腿切断
3.膝離断
4.下腿切断
正解を見る
1.股離断
問題87.脳性麻痺で起こる痙直型両麻痺の歩行について正しいのはどれか。
1.失調性歩行
2.分回し歩行
3.はさみ脚歩行
4.トレンデレンブルグ歩行
正解を見る
3.はさみ脚歩行
問題88.心臓リハビリテーションにおける運動療法の禁忌はどれか。
1.心移植後
2.冠動脈形成術後
3.不安定狭心症
4.末梢動脈閉塞性疾患
正解を見る
3.不安定狭心症
問題89.大腿骨頸部骨折のリハビリテーションで正しいのはどれか。
1.リハビリテーションは手術後から開始する。
2.内固定術の場合、脱臼肢位に注意する。
3.術後疼痛緩和のために極超短波療法を行う。
4.人工骨頭置換術の場合、術直後から歩行訓練を行う。
正解を見る
4.人工骨頭置換術の場合、術直後から歩行訓練を行う。
問題90.パーキンソン病にみられる症状はどれか。
1.痙縮
2.企図振戦
3.鉛管現象
4.折りたたみナイフ現象
正解を見る
3.鉛管現象
問題91.五行色体で正しい組合せはどれか。
1.青  ─── 臊
2.赤  ─── 香
3.黄  ─── 腥
4.黒  ─── 焦
正解を見る
1.青  ─── 臊
問題92.血瘀の特徴的な症状はどれか。
1.月経血量が少ない。
2.浮腫がある。
3.刺すような痛みがある。
4.ものを言うのがおっくうである。
正解を見る
3.刺すような痛みがある。
問題93.五臓とその働きの組合せで正しいのはどれか。
1.肝  ───  蔵血
2.心  ───  蔵精
3.肺  ───  納気
4.腎  ───  統血
正解を見る
1.肝  ───  蔵血
問題94.治節を主るのはどれか。
1.肝
2.心
3.脾
4.肺
正解を見る
4.肺
問題95.外因の火邪に犯されやすい臓はどれか。
1.肝
2.心
3.脾
4.肺
正解を見る
2.心
問題96.腎を傷りやすい病因はどれか。
1.飲食不節
2.抑うつ
3.風邪
4.房事過多
正解を見る
4.房事過多
問題97.小腸経の経脈病証でみられるのはどれか。
1.下顎の腫れ
2.腹部膨満感
3.頻尿
4.腰の痛み
正解を見る
1.下顎の腫れ
問題98.気の病証における虚証はどれか。
1.気鬱
2.気滞
3.気陥
4.気逆
正解を見る
3.気陥
問題99.はっきりとしない持続的な痛みはどれか。
1.隠痛
2.掣痛
3.脹痛
4.重痛
正解を見る
1.隠痛
問題100.正経十二経の流注の順番で脾経の次に来る経脈はどれか。
1.胃経
2.心経
3.小腸経
4.肝経
正解を見る
2.心経
問題101.胆を絡う経脈の原穴はどれか。
1.丘墟
2.京骨
3.太渓
4.太衝
正解を見る
4.太衝
問題102.肺の五要穴のうち、表裏する経を同時に治療する作用がある経穴部位はどれか。
1.前胸部、第1肋間と同じ高さ、鎖骨下窩の外側、前正中線の外方6寸
2.尺沢と太淵とを結ぶ線の中点の上方1寸
3.長母指外転筋腱と短母指指伸筋腱の間の溝で太淵の上方1寸5分
4.身柱の外方1寸5分
正解を見る
3.長母指外転筋腱と短母指指伸筋腱の間の溝で太淵の上方1寸5分
問題103.経穴とその部で拍動を触知する動脈の組合せで正しいのはどれか。
1.手の少陰経の原穴 ─── 橈骨動脈
2.手の太陰経の原穴 ─── 尺骨動脈
3.足の少陰経の原穴 ─── 後脛骨動脈
4.足の太陰経の原穴 ─── 足背動脈
正解を見る
3.足の少陰経の原穴 ─── 後脛骨動脈
問題104.募穴と臓腑の生理機能の組合せで正しいのはどれか。
1.期門 ─── 右昇清を主る
2.章門 ─── 右運化を主る
3.中府 ─── 右疏泄を主る
4.膻中 ─── 右宣発を主る
正解を見る
2.章門 ─── 右運化を主る
問題105.経穴と筋の組合せで正しいのはどれか。
1.足三里 ─── 右長指屈筋
2.血海  ─── 右外側広筋
3.飛揚  ─── 右前脛骨筋
4.光明  ─── 右長腓骨筋
正解を見る
4.光明  ─── 右長腓骨筋
問題106.脾の募穴が属する経脈はどれか。
1.足の太陰経
2.足の少陰経
3.足の厥陰経
4.足の少陽経
正解を見る
3.足の厥陰経
問題107.第2中足骨底部と中間楔状骨の間に取る経穴はどれか。
1.京骨
2.太衝
3.衝陽
4.公孫
正解を見る
3.衝陽
問題108.「25歳の男性。昨日寒い屋外で作業をした後、後頚部から肩甲間部にかけて悪寒が出現した。」本症例の八綱病証で最も適切なのはどれか。
1.表証
2.熱証
3.虚証
4.陰証
正解を見る
1.表証
問題109.「25歳の男性。昨日寒い屋外で作業をした後、後頚部から肩甲間部にかけて悪寒が出現した。」本症例の寒気に温熱療法を行う部位で中心となる経穴はどれか。
1.臂臑
2.承扶
3.陽白
4.風門
正解を見る
4.風門
問題110.ボアスの背部圧痛点に位置する経穴はどれか。
1.左脾兪
2.右肝兪
3.左膈兪
4.右三焦兪
正解を見る
1.左脾兪
問題111.皮膚通電抵抗の低下を特徴とする反応点はどれか。
1.撮診点
2.良導点
3.圧診点
4.トリガーポイント
正解を見る
2.良導点
問題112.症状と病証の組合せで最も適切なのはどれか。
1.足部の浮腫   ─── 気滞
2.目の乾燥感   ─── 血虚
3.慢性的な疲労感 ─── 血瘀
4.手足の冷え   ─── 津傷
正解を見る
2.目の乾燥感   ─── 血虚
問題113.次の分で示す患者の病証について、肺経とともに治療する経脈の組合せで最も適切なのはどれか。「68歳の男性。主訴は労作時の息切れ。現在も喫煙をやめられない。咳嗽とともに粘稠な痰が大量に喀出される。最近、食欲が低下し、痩せてきた。足腰がだるく力が入らない。」
1.腎経と肝経
2.肝経と心経
3.心経と脾経
4.脾経と腎経
正解を見る
4.脾経と腎経
問題114.次の文で示す患者の病証に対する治療で用いる経脈の組合せで最も適切なのはどれか。「40歳の男性。主訴は夜間の咳嗽。人間関係のトラブルから徐々に咳嗽が出現した。呼吸困難はなく、夜静かになると昼間の事が気になり、咳が出始めるが、痰は軽度。」
1.肺経と心経
2.心経と脾経
3.脾経と肝経
4.肝経と肺経
正解を見る
4.肝経と肺経
問題115.次の文で示す患者の病証で治療対象となる臓腑に対応する募穴はどれか。「32歳の女性。主訴は頭重。症状の程度は軽く慢性的である。月経は遅れ気味で、始まると頭重が憎悪する。下痢しやすいせいか普段から倦怠感があり、痰が多く、顔色が悪い。舌質は淡、脈は弱。」
1.期門
2.京門
3.章門
4.石門
正解を見る
3.章門
問題116.次の文で示す患者の病証に対して原穴に施術する際の正しい部位はどれか。「64歳の男性。主訴は聴力低下。半年前から徐々に右耳が聞こえにくくなり、回復しないままである。白髪が増え、腰や膝に力が入らない症状も伴う。」
1.足関節後内面、内果尖とアキレス腱の間の陥凹部
2.足内側、第1中足指節関節の近位陥凹部、赤白肉際
3.足外側、第5中足骨粗面の遠位、赤白肉際
4.足関節前外側、長指伸筋腱外側の陥凹部、外果尖の前下方
正解を見る
1.足関節後内面、内果尖とアキレス腱の間の陥凹部
問題117.う歯による下歯痛を訴える患者に対し、鎮痛を目的として循経取穴により原穴に施術する際の正しい部位はどれか。
1.手背、第2中手骨中点の撓側
2.手関節後面、総指伸筋腱の尺側陥凹部、手関節背側横紋上
3.手関節前面、長掌筋腱と撓側手根屈筋腱の間、手関節掌側横紋上
4.手関節後内側、第5中手骨底と三角骨の間の陥凹部、赤白肉際
正解を見る
1.手背、第2中手骨中点の撓側
問題118.相剋関係で五味のうち過食すると筋や爪の異常をきたす可能性があるのはどれか。
1.酸
2.苦
3.辛
4.鹹
正解を見る
3.辛
問題119.内関を特効穴とする症状はどれか。
1.つわり
2.耳鳴り
3.鼻づまり
4.頭痛
正解を見る
1.つわり
問題120.高齢者の日常生活機能を評価するのに最も適切なのはどれか。
1.バーセルインデックス
2.ロコモ度テスト
3.改訂長谷川式簡易知能評価スケール
4.ハミルトン評価尺度
正解を見る
1.バーセルインデックス
問題121.肩こりの施術対象となる筋と局所治療穴の組合せで最も適切なのはどれか。
1.僧帽筋  ─── 右臑兪
2.肩甲挙筋 ─── 右肩井
3.頭板状筋 ─── 右肩外兪
4.大菱形筋 ─── 右膏肓
正解を見る
4.大菱形筋 ─── 右膏肓
問題122.局所治療として欠盆への施術が最も適切な徒手検査所見はどれか。
1.ジャクソンテスト陽性
2.アドソンテスト陽性
3.インピンジメントテスト陽性
4.ヤーガソンテスト陽性
正解を見る
2.アドソンテスト陽性
問題123.次の文で示す症例に対し、施術対象となる筋で最も適切なのはどれか。「35歳の男性。手掌の母指から中指にかけて痛みとしびれを自覚。中指掌側に知覚異常が認められる。少海から孔最にかけての圧迫で症状の再現する部位があった。」
1.長撓側手根伸筋
2.腕橈骨筋
3.円回内筋
4.尺側手根屈筋
正解を見る
3.円回内筋
問題124.次の文でみられる症例で最もみられやすい所見はどれか。「70歳の女性。10年前に慢性的な腰痛を自覚し、近医を受診したところ骨密度の減少を指摘された。5日前に尻もちをついて腰痛を発症した。下肢の神経学的所見に異常はない。」
1.階段状変形
2.棘突起の叩打痛
3.SLRテスト陽性
4.K・ボンネットテスト陽性
正解を見る
2.棘突起の叩打痛
問題125.変形性膝関節症に伴う関節水腫(水症)で陽性となる徒手検査法として最も適切なのはどれか。
1.アプレイテスト
2.ラックマンテスト
3.膝蓋跳動
4.膝蓋骨圧迫テスト
正解を見る
3.膝蓋跳動
問題126.次の文で示す運動で上腕二頭筋にみられる収縮はどれか。「坐位にて上腕下垂位、前腕回外位でダンベルを持ち、肘関節を屈曲位からゆっくり伸展した。」
1.等速性収縮
2.等尺性収縮
3.遠心性収縮
4.求心性収縮
正解を見る
3.遠心性収縮
問題127.下腿三頭筋のストレッチでゆっくりと足関節を背屈位にし、そのまま保持するのはどれか。
1.スタティックストレッチ
2.ダイナミックストレッチ
3.バリスティックストレッチ
4.神経筋促通(PNF)ストレッチ
正解を見る
1.スタティックストレッチ
問題128.次の文で示す症例の検査法で陽性となる可能性が最も高いのはどれか。「24歳の男性。陸上の長距離選手。2週間前から練習中に膝の外側に痛みを自覚。近医を受診し、膝の器質的病変は認められない。立位にて軽度O脚を認めるが、膝関節の腫脹はない。」
1.マクマレーテスト
2.グラスピングテスト
3.前方引き出しテスト
4.外反ストレステスト
正解を見る
2.グラスピングテスト
問題129.慢性胃炎患者への施術で用いる背部反応点として最も適切なのはどれか。
1.第5胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸5分
2.第11胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸5分
3.第2腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸5分
4.第4腰椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸5分
正解を見る
2.第11胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方1寸5分
問題130.眼精疲労における目の痛みに対して眼球の支配神経を考慮した経穴で適切なのはどれか。
1.翳風
2.陽白
3.四白
4.頬車
正解を見る
2.陽白
問題131.関節リウマチの手指関節痛に対して行う物理療法で手指関節全体を均等に温めるのに最も適切なのはどれか。
1.ハイドロコレータパック浴
2.赤外線療法
3.パラフィン浴
4.極超短波療法
正解を見る
3.パラフィン浴
問題132.機能訓練指導員の役割として正しいのはどれか。
1.心身機能の評価
2.福祉に関する相談
3.介護サービス計画の作成
4.家族への介護技術指導
正解を見る
1.心身機能の評価
問題133.「55歳の男性。右肩関節の運動時に上腕部に痛みが出現する。自発痛はなく、結節間溝部に圧痛を認める。関節拘縮は認められない。」徒手検査で陽性となる可能性が最も高いのはどれか。
1.ペインフルアークサイン
2.ドロップアームテスト
3.ダウバーンサイン
4.スピードテスト
正解を見る
4.スピードテスト
問題134.「55歳の男性。右肩関節の運動時に上腕部に痛みが出現する。自発痛はなく、結節間溝部に圧痛を認める。関節拘縮は認められない。」施術対象となる罹患筋はどれか。
1.上腕二頭筋長頭
2.上腕二頭筋短頭
3.上腕三頭筋外側頭
4.上腕三頭筋内側頭
正解を見る
1.上腕二頭筋長頭
問題135.「35歳の女性。主訴は手の運動麻痺。自転車で転倒し、左上腕骨を骨折した。手の麻痺とともに前腕から手背の感覚障害をきたした。」本症例の運動麻痺でみられる手の変形はどれか。
1.猿手
2.鷲手
3.下垂手
4.尺側偏位
正解を見る
3.下垂手
問題136.「35歳の女性。主訴は手の運動麻痺。自転車で転倒し、左上腕骨を骨折した。手の麻痺とともに前腕から手背の感覚障害をきたした。」手の運動麻痺の治療として低周波電気療法を行う場合、導子を当てる部位で適切なのはどれか。
1.孔最と尺沢
2.合谷と曲池
3.内関と曲沢
4.支正と小海
正解を見る
2.合谷と曲池
問題137.「56歳の男性。主訴は右片麻痺。麻痺側の上肢を動かそうとすると肩・肘の同時屈曲がみられる。」本症例のブルンストローム回復ステージ(6段階)はどれか。
1.ステージⅡ
2.ステージⅢ
3.ステージⅣ
4.ステージⅤ
正解を見る
2.ステージⅢ
問題138.「56歳の男性。主訴は右片麻痺。麻痺側の上肢を動かそうとすると肩・肘の同時屈曲がみられる。」右上肢の痙性抑制を目的として痙性筋への自原抑制による治療を行う場合、最も適切なのはどれか。
1.赤外線療法
2.超短波療法
3.超音波療法
4.治療的電気療法
正解を見る
4.治療的電気療法
問題139.「11歳の男児。野球の投手をしている。連日の練習で肩を使いすぎ、投球動作時に肩が痛む。近医を受診し、エックス線検査で異常所見がみられた。」本症例でみられるエックス線所見はどれか。
1.肩峰下の骨棘
2.肩鎖関節の亜脱臼
3.上腕骨近位骨端線離開
4.腱板の石灰化
正解を見る
3.上腕骨近位骨端線離開
問題140.「11歳の男児。野球の投手をしている。連日の練習で肩を使いすぎ、投球動作時に肩が痛む。近医を受診し、エックス線検査で異常所見がみられた。」本症例の指導で最も適切なのはどれか。
1.軽めの投球を行わせる。
2.投球フォームを改良する。
3.シャドーピッチングを行わせる。
4.投球動作を中止させる。
正解を見る
4.投球動作を中止させる。
問題141.下腿のむくみを取り除く目的で下腿三頭筋にマッサージ施術を行う場合、最も適切な手法はどれか。
1.母指軽擦法
2.手掌間歇圧迫法
3.四指持続圧迫法
4.環状叩打法
正解を見る
2.手掌間歇圧迫法
問題142.ポンプ手技を基本手技とするのはどれか。
1.結合織マッサージ
2.筋肉マッサージ
3.リンパドレナージ
4.モビリゼーション
正解を見る
3.リンパドレナージ
問題143.指圧の基本圧法のうち2段押し、3段押しともいわれるのはどれか。
1.緩圧法
2.衝圧法
3.持続圧法
4.吸圧法
正解を見る
1.緩圧法
問題144.患者の感受性と施術の刺激量の原則で誤っているのはどれか。
1.初めて治療を受ける人には力を弱めにする。
2.腰部は腹部より力を強めにする。
3.虚弱体質の人には施術時間を短くする。
4.高齢者は青壮年者より施術時間を長くする。
正解を見る
4.高齢者は青壮年者より施術時間を長くする。
問題145.揉み返しを最も起こしやすいのはどれか。
1.皮膚・皮下組織の移動範囲内の施術
2.同一部位の反復施術
3.不規則なリズムでの施術
4.筋線維と平行な施術
正解を見る
2.同一部位の反復施術
問題146.骨格筋の伸張に応じる受容器はどれか。
1.筋紡錘
2.パチニ小体
3.メルケル盤
4.ポリモーダル受容器
正解を見る
1.筋紡錘
問題147.Ⅰb抑制を利用して右腓腹筋の筋緊張を軽減させるのに適切な圧迫部位はどれか。
1.右前脛骨筋の筋腹部
2.右前脛骨筋の筋腱移行部
3.右腓腹筋の筋腹部
4.右腓腹筋の筋腱移行部
正解を見る
4.右腓腹筋の筋腱移行部
問題148.リンパ浮腫に対する手技療法の目的はどれか。
1.反射作用
2.矯正作用
3.誘導作用
4.鎮静作用
正解を見る
3.誘導作用
問題149.眼球部への圧迫刺激により徐脈が起こるのはどれか。
1.アシュネル反射
2.ツェルマーク反射
3.眼輪筋反射
4.輻輳反射
正解を見る
1.アシュネル反射
問題150.圧自律神経反射で圧迫側にみられるのはどれか。
1.鼻粘膜の毛細血管の拡張
2.腋窩温の上昇
3.発汗の増加
4.血圧の上昇
正解を見る
1.鼻粘膜の毛細血管の拡張

 

《 第25回 あん摩マッサージ指圧師 解答 》

問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10
1 3 1 1 4 2 2 4 1 3
問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17 問18 問19 問20
1又は3又は4 3 2 4 1 3 2 1 3 4
問21 問22 問23 問24 問25 問26 問27 問28 問29 問30
3 2 4 1 2 4 4 4 3 3
問31 問32 問33 問34 問35 問36 問37 問38 問39 問40
4 4 3 2 2 1 4 4 1 2
問41 問42 問43 問44 問45 問46 問47 問48 問49 問50
1 3 3 1 4 1 2 3 2 4
問51 問52 問53 問54 問55 問56 問57 問58 問59 問60
3 1 3 2 3 3 2 3 3 1
問61 問62 問63 問64 問65 問66 問67 問68 問69 問70
4 4 1 2 1 2 4 4 2 2
問71 問72 問73 問74 問75 問76 問77 問78 問79 問80
3 3 2 1 4 1 2 1 2 3
問81 問82 問83 問84 問85 問86 問87 問88 問89 問90
2 4 2 4 1 1 3 3 4 3
問91 問92 問93 問94 問95 問96 問97 問98 問99 問100
1 3 1 4 2 4 1 3 1 2
問101 問102 問103 問104 問105 問106 問107 問108 問109 問110
4 3 3 2 4 3 3 1 4 1
問111 問112 問113 問114 問115 問116 問117 問118 問119 問120
2 2 4 4 3 1 1 3 1 1
問121 問122 問123 問124 問125 問126 問127 問128 問129 問130
4 2 3 2 3 3 1 2 2 2
問131 問132 問133 問134 問135 問136 問137 問138 問139 問140
3 1 4 1 3 2 2 4 3 4
問141 問142 問143 問144 問145 問146 問147 問148 問149 問150
2 3 1 4 2 1 4 3 1 1

 

あん摩マッサージ指圧師国家試験の受験者情報

あん摩マッサージ指圧師試験の受験者数、合格者数、合格率の推移です。

試験回・年 受験者数 合格者数 合格率
第25回・2017年 1,601名 1,354名 84.6%
第24回・2016年 1,687名 1,422名 84.3%
第23回・2015年 1,792名 1,549名 86.4%
第22回・2014年 1,747名 1,466名 83.9%
第21回・2013年 1,835名 1,584名 86.3%