黒本を購入する

2分で学ぶ!肘関節後方脱臼の診察編

肘関節後方脱臼の診察

動画を見て勉強して、実際に類似問題を解こう!

肘関節後方脱臼の診察について動画で学ぼう

柔道整復師の国試合格に向けて「肘関節後方脱臼の診察」をテーマにしています!
2分のショート動画で肘関節後方脱臼の診察を学び、肘関節後方脱臼の診察について覚えよう!

 

肘関節後方脱臼の診察に関する国試過去問や問題

肘関節後方脱臼の診察について覚えた方は練習問題にチャレンジ!

実際に国家試験に出題された問題や、国試黒本のオリジナル問題を解いてみよう!
問題を解いた後に「答えを見る」ボタンを押して解答が合っているかチェックしてみてください。

保存療法で整復直後の固定が良肢位なのはどれか。

答えを見る

――第19回,柔道整復師国家試験,問題203

1.肘関節後方脱臼

2.月状骨脱臼

3.膝蓋骨骨折

4.足関節前方脱臼骨折

徒手整復で末梢牽引が適切でないのはどれか。

答えを見る

――第19回,柔道整復師国家試験,問題20

1.肩関節前方脱臼

2.肘関節後方脱臼

3.第1中手指節関節背側脱臼

4.股関節後方脱臼

肘関節後方脱臼の症状で誤っているのはどれか。

答えを見る

――第20回,柔道整復師国家試験,問題26

1.肘関節は鋭角屈曲位となる。

2.ヒューター三角は乱れる。

3.上腕三頭筋腱は索状に隆起する。

4.前腕は短縮してみえる。

受傷直後の所見で肘関節の前後経が増大しているのはどれか。2つ選べ。

会員登録して答えを見る

――第20回,柔道整復師国家試験,問題188

1.上腕骨顆上伸展型骨折

2.上腕骨内側上顆骨折

3.肘関節後方脱臼

4.小児肘内障

上腕骨顆上伸展型骨折と肘関節後方脱臼との鑑別に有用なのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第21回,柔道整復師国家試験,問題24

1.受傷機序

2.外観

3.弾発性固定の有無

4.末梢神経損傷の有無

脱臼または骨折と続発症との組合せで正しいのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第22回,柔道整復師国家試験,問題197

1.肩関節脱臼-外傷性骨化性筋炎

2.肘関節後方脱臼-上腕二頭筋断裂

3.上腕骨顆上骨折-関節遊離体

4.コーレス(Colles)骨折-長母指伸筋腱断裂

外傷性骨化性筋炎をきたしやすいのはどれか。2つ選べ。

会員登録して答えを見る

――第22回,柔道整復師国家試験,問題210

1.肩鎖関節上方脱臼

2.肘関節後方脱臼-上腕二頭筋断裂

3.股関節後方脱臼

4.膝蓋骨外側脱臼

過伸展外力で発生するのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第23回,柔道整復師国家試験,問題208

1.顎関節後方脱臼

2.肘関節後方脱臼

3.股関節後方脱臼

4.膝関節後方脱臼

肘関節後方脱臼の整復確認で誤っているのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第23回,柔道整復師国家試験,問題210

1.整復音の触知

2.疼痛の軽減

3.ヒューター三角の正常化

4.他動的な正常可動域確認

肘関節後方脱臼で弾発性固定の肢位はどれか。

会員登録して答えを見る

――第24回,柔道整復師国家試験,問題27

1.屈曲130〜140度

2.屈曲80〜90度

3.屈曲30〜40度

4.伸展20〜30度

成人の肘関節後方脱臼で合併しにくいのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第24回,柔道整復師国家試験,問題24

1.上腕骨内側上顆骨折

2.尺骨鉤状突起骨折

3.内側側副靭帯断裂

4.尺骨神経損傷

脱臼で誤っている組合せはどれか。

会員登録して答えを見る

――第25回,柔道整復師国家試験,問題191

1.肩鎖関節上方脱臼-肩鎖靭帯損傷

2.肩関節烏口下脱臼-バンカート損傷

3.肘関節後方脱臼-関節包後面断裂

4.示指MP関節脱臼-掌側板断裂

肘関節後方脱臼の転位で正しいのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第26回,柔道整復師国家試験,問題211

1.関節包の後外側面が断裂する。

2.上腕骨遠位端が後方へ転位する。

3.橈骨頭は上腕骨小頭の外側面に接する。

4.尺骨鉤状突起は上腕骨滑車の後壁に接する。

肘関節後方脱臼で正しいのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第28回,柔道整復師国家試験,問題16

1.ヒュータ一三角は正常である。

2.肘関節は直角位に固定される。

3.前腕長は短縮して見える。

4.自動運動は可能である。

肘関節後方脱臼で誤っているのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第29回,柔道整復師国家試験,問題17

1.幼少年期に好発する。

2.前腕長が短縮する。

3.前方関節包が損傷する。

4.後療法は自動運動を基本とする。

自然整復されやすいのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第29回,柔道整復師国家試験,問題199

1.肘関節後方脱臼

2.膝蓋骨外側脱臼

3.橈骨頭単独脱臼

4.足関節外側脱臼

肘関節後方脱臼の整復法で正しいのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第30回,柔道整復師国家試験,問題21

1.肘関節を伸展位にする。

2.回内・回外中間位で牽引をする。

3.前腕長軸方向に牽引する。

4.肘関節を過伸展して整復を確認する。

肘関節後方脱臼でクラーメルによる固定範囲はどれか。

会員登録して答えを見る

――第30回,柔道整復師国家試験,問題22

1.前腕近位まで

2.前腕遠位まで

3.MP関節手前まで

4.PIP関節手前まで

肘関節後方脱臼で正しいのはどれか。

会員登録して答えを見る

――第30回,柔道整復師国家試験,問題218

1.肘頭骨折を伴いやすい。

2.ヒューター三角が乱れる。

3.上腕二頭筋が索状に触れる。

4.肘関節90度で弾発性固定される。

関連記事

鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師編/柔道整復師編
国試黒本の購入はこちら

購入ページへ