黒本を購入する

国試黒本はこう使え!はり師きゅう師国家試験過去問題集と組み合わせた効果的学習法

鍼灸学校に通っているあなた、こんなことで悩んでいませんか?

  • 国家試験の勉強方法って、どうしたらいいの?
  • 過去問が重要って言われるけど、実際どう活用するの?
  • 国試黒本が良いって聞くけど、本当のところどうなの?

この記事を読めば、こんな悩みを解決します。

鍼灸の専門学校で15年以上の指導経験を持つ教員が、実際に教えている内容を公開します。実際に、学生が成果をだしている方法なので、勉強方法で悩んでいる人は必見です。

前半では国試黒本とはり師きゅう師国家試験過去問題集について解説し、後半はこの2つを活用した具体的な学習法を紹介します。

これを読んで、国家試験合格を勝ち取ってください!

国試黒本とは?

『国試黒本』とは、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の国家試験対策用として出版されている参考書です。「鍼灸あん摩マッサージ指圧師編」と「柔道整復師編」に分かれており、さらにそれぞれ上巻・下巻の2冊セットになっています。

今回は、その中の「鍼灸あん摩マッサージ指圧師編」を活用した学習法をお伝えしていきます。
と言っても、医療系国家資格の学習方法はどの資格も大きく変わりません。柔道整復師編でも同じように活用できるので、参考にしてください。

 

国試黒本の特徴

そもそも『国試黒本』はどんな参考書なのでしょうか?国試黒本ならではの特徴を3つ紹介します。

①頻出キーワードが網羅・整理されている

国試黒本の一番の特徴は、重要キーワードが網羅・整理されていることです。他の参考書と異なり、細かな解説はありません。押さえておくべきキーワードと関連する語句のみで構成されています。

そのため、参考書を読んでも結局何が重要かわからないという問題が起きません。国試黒本にでてくる単語は全部必要と思って学習するだけで大丈夫です。

②コンパクトで持ち運びやすい

2つ目の特徴は、コンパクトで持ち運びやすいことです。どこにでも手軽に持ち運べることは、学習を進めるうえでとても重要です。

厚くて重たい参考書だと、家や学校に置きっぱなしで、見たいときにすぐ確認できません。国試黒本であれば、いつでもカバンの中に入れておけるので、見たいときにすぐ見ることが可能です。気になったときにいつでも見返せるので、復習のタイミングを逃しません。

③赤シートで重要キーワードを復習できる

重要語句の中でも、特に重要なキーワードは赤シートで隠せるようになっています。
シートで隠して何度も重要単語を復習することが可能です。

勉強はインプット3割・アウトプット7割と言われているので、キーワードを1回読んだら、2回は単語を思い出せるか確認しましょう。

はり師きゅう師国家試験過去問題集おすすめ一冊

はり師きゅう師国家試験の勉強において、過去問題をやりこむことは絶対です。はり師きゅう師国家試験の過去問題集はいくつか出版されているのですが、一番のおすすめは『徹底攻略!国家試験過去問題集 はり師きゅう師用』(医道の日本社)です。

なぜ、この問題集が良いのかおすすめポイントを3つ紹介します。

①過去10年分が1冊にまとめられている

国家試験学習の最も基本的な方法が過去問題集を何度も解き込むことです。だからといって、何十年分も解く必要はありません。

過去10年分の過去問題を繰り返しやることで、重要な範囲や単語を身につけていきます。

『徹底攻略!国家試験過去問題集』であれば、毎年7月頃に最新10回分の内容で出版されるので、本格的な国家試験勉強に丁度良いタイミングです。

②分野別・解説付きで学習しやすい

多くの過去問題集が回数と問題番号順で収録されているのに対し、『徹底攻略!国家試験過去問題集』は分野別に問題が並んでいます。分野別になっていることで、どの範囲がよく出題されているのか、その範囲からどんな内容が出題されているのかが理解しやすいです。

自分の苦手な範囲にも気づきやすく、弱点の強化を行いやすいのも分野別の良い点です。

また、『徹底攻略!国家試験過去問題集』ではそれぞれの問題に解説が付いています。解答番号が分かったとしても、なぜその選択肢が答えになるのかが分からなければ、知識として定着したとは言えません。

問題に解説があることで、解答の理由も分かり、調べる手間も省けます。

③赤シートで解答・重要語句を隠すことができる

『国試黒本』と同じく『徹底攻略!国家試験過去問題集』にも赤シートが付いています。赤シートが付いていることで、解答を隠しながら問題を解くことが可能です。

また、重要語句も隠せるので、自分に知識が定着したかの確認もできます。

赤シートなどでキーワードを隠して学習する方法は昔からありますが、思い出すための方法として今でも十分に通用する方法です。インプット3割・アウトプット7割を意識して、赤シートを活用しましょう。

国試黒本と徹底攻略!国家試験過去問題集の活用法

ここまで、『国試黒本』と『徹底攻略!国家試験過去問題集』の特徴をお伝えしてきましたが、それぞれを単独で使っても、もちろん学習効果はあります。しかし、どうせ勉強するなら、より効果的な方法で勉強した方がいいと思いせんか?

ここからは、『国試黒本』と『徹底攻略!国家試験過去問題集』を2つ一緒に使った、より効果的な学習方法を紹介していきます。勉強方法で悩んでいるあなた!騙されたと思って、これから紹介する方法を実践してみてください。

●2つを活用した学習の目標

『国試黒本』と『徹底攻略!国家試験過去問題集』を活用した学習のゴールは黒本を見れば勉強できる状態にすることです。国家試験勉強のゴールはもちろん国家試験に合格することですが、その合格を手に入れるために、『国試黒本』で見直しが完結する状態を作ります。

つまり、調べたい単語がでてきたら『国試黒本』を見れば解決できるようにします。

人間は忘れる生き物なので、一度学習しただけでは記憶に定着しません。何度も何度も復習することで、しっかり知識として身につきます。
その何度もする復習が『国試黒本』だけでできたら、めちゃくちゃ楽だと思いませんか?

●具体的な勉強の手順

では、実際に『国試黒本』と『徹底攻略!国家試験過去問題集』を活用した学習の手順を紹介します。

①過去問題集を解く
まずは、過去問題集を解くことから始めます。
『徹底攻略!国家試験過去問題集』は分野別のため、好きな分野から問題を解きましょう。
このときに、50問・100問と一気に進めず、多くても20問で一区切りにしてください。多く解き過ぎると、この後の学習に時間がかかり、続けられなくなるので少しずつ進めましょう。

おすすめは、東洋医学概論や経絡経穴概論のひとつの分野からです。なぜなら、この2科目は出題範囲が限られており点数を上げやすい科目だからです。

20問でも多いと感じる場合は、見開きの2ページ分ずつ進めてみてください。

②解答を確認し、解説を読む
20問程度を解き終えたら、解答を確認し、解説を読んでください。このとき、正解・不正解は重要ではありません。

4択だと適当に選んでも25%は当たるので、たまたまの正解に何の意味もありません。

重要なことは、問題に対する解答を答えられるかです。もっと言えば、正答の選択肢がなぜ正解なのかを説明できるかです。

解説を読み込むことで、問題に対する解答の導き方を頭に入れていきましょう。

③黒本でキーワードをチェックする
解説を読み込んだら、黒本の該当ページを探します。探せたら、問題と解答を導くために必要なキーワードに線を引くなどしてチェックしてください。

これで、過去問題からどんなキーワードが出されているかがわかるようになります。

①から③までを終えた段階で、黒本だけを見て、問題に対する解答が答えられれば、次の④は飛ばします。
もし、答えを導くためにはもう少しキーワードが必要だと思ったら、④に進みましょう。

④自分に足りないキーワードを黒本に書き足す
黒本のキーワードだけでは、問題を解くための情報が足りないと思ったら、必要なキーワードを書き足しましょう。

ただ、黒本はコンパクトなため余白も小さいです。おすすめはふせんに書いて、ふせんを黒本に貼る方法です。

この時に注意をしてほしいことがあります。絶対に単語で書くことです。
文章で書いても覚えられないので、必ず単語だけを書くようにしてください。

①~④を終えれば、1つの問題に対して黒本を見れば思い出せる状態ができあがります。覚えたつもりでいたけど、忘れてしまったらすぐに黒本を見返せばOKです。

⑤再度問題を解き、キーワードが思い出せるかチェックする
①~④で学習は終わりではありません。20問程度のキーワードが整理できたら、必ずもう一度問題を解きましょう。この時、ただ問題を解くのではなく、黒本のキーワードや追加したキーワードが思い出せるかチェックします。

国家試験に合格するためには、覚えたことを思い出せなければいけません。そのため、学習の最後は必ず思い出す作業をして終えるようにしましょう。

●黒本を自分用に完成させる

上記で紹介した①~⑤を過去問題集の全ての問題が終わるまで進めていき、黒本を自分用に完成させてください。ただし、全部完成までは時間がかかります。

まずは、1科目でもいいので、黒本だけで勉強できる科目ができると、何度も何度も黒本を見返すことで、知識が定着していき、点数も向上します。

毎日、黒本を見返しながら、少しずつ黒本だけで勉強できる科目を増やしてください。そして、全ての科目を完成させれば、あとは何度も黒本を見返し、何度も過去問題を解いて、国家試験合格へと進んでいくだけです。

国家試験合格を必ず勝ち取ろう!

今回、国試黒本とはり師きゅう師国家試験過去問題集について解説し、2つを活用した具体的な学習法を紹介しました。

●国試黒本の特徴

  1. 頻出キーワードが網羅・整理されている
  2. コンパクトで持ち運びやすい
  3. 赤シートで重要キーワードを復習できる

●徹底攻略!国家試験過去問題集 はり師きゅう師用の特徴

  1. 過去10年分が1冊にまとめられている
  2. 分野別・解説付きで学習しやすい
  3. 赤シートで解答・重要語句を隠すことができる

●黒本と過去問題集を活用した勉強方法

  1. 過去問題集を解く
  2. 解答を確認し、解説を読む
  3. 黒本でキーワードをチェックする
  4. 自分に足りないキーワードを黒本に書き足す
  5. 再度問題を解き、キーワードを思い出せるかチェックする

→①~⑤を繰り返し、黒本を自分用に完成させる

勉強方法で悩んでいる人は、とにかく一度試してみてください。行動することで、どうすれば良いかがはっきりとしてきます。絶対に、国家試験の合格を勝ち取ってください!

北田覚

記事を書いた人

北田覚

大阪医療技術学園専門学校 鍼灸美容学科 学科長

はり師・きゅう師、登録販売者、FP2級、教育学修士

2007年より15年以上、専門学校で専門教育と学習方法の指導にあたる。

また、教鞭をとりながら、カリキュラム設計や授業設計を大学院にて学び、学生指導に還元している。

関連記事

鍼・灸・あん摩マッサージ指圧師編/柔道整復師編
国試黒本の購入はこちら

購入ページへ